【江戸モアゼル】7話ネタバレと感想!仙夏が気づかない本当の気持ち

江戸モアゼル

仙夏は鳥居と結婚することを決めた。初めて指輪ダイヤモンドは仙夏の指を輝かせた。

第7話、花魁令和で結婚!?不倫会見に喝! 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」7話視聴率

「江戸モアゼル」第7話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」7話あらすじ

仙夏が鳥居と結婚

「私は鳥居の旦那に嫁ぐんだ。」

長兵衛と蔵地は、あまりに急なことに驚いていた。1ヵ月後には一緒に暮らすことになっていた。

仙夏は鳥居とパーティーに出席する。麗子と愛理は、今まで出会ったことのないタイプの仙夏に興味を持った。

鳥居は仙夏にカードを渡した。仙夏は毎日のように出かけるようになった。長兵衛はリヤカーを飛ばして江戸に戻ろうとしていた。

仙夏が蔵地の家で過ごす最後の日、鳥居はマンションを1日早く借りようとした。

「えっでも、今日は蔵地たちと豆腐鍋…。」

鳥居は会社でのトラブルが発生して戻ってしまう。泉美は蔵地にデートの誘いを断られた。それが仙夏のためだと知ってしまう。

蔵地家では仙夏と楽しい時間を過ごしていた。

自分だけが気づかない本当の気持ち

仙夏は蔵地の家を出ることになった。ところが、ネット上では鳥居が泉美と一緒にいる写真がのってしまう。

「仙夏はな、あんたがいるからこの世界で生きるって決めたんだよ。あいつの居場所を守ってくれるんじゃなかったのかよ。」

鳥居の会社には契約キャンセルの連絡が入った。記者会見には仙夏が来る。

「粋じゃないねぇ、あんたちのする正義は1人の人間を引きずりおろして叩くことかい。」

記者は仙夏を調べていた。何も分からなかった。江戸から来た花魁さ、その言葉が鳥居への同情を集めた。

鳥居は仙夏に離縁状を渡した。泉美は鳥居のことを誘った。蔵地は何を聞いても泉美を責めようとしなかった。鳥居は仙夏の気持ちに気づいていた。

「お前は蔵地が好きなんだ。」

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」7話感想

コメント