【江戸モアゼル】9話ネタバレと感想!161年に一度のチャンス江戸を忘れる前に

江戸モアゼル

お前が好きだ。蔵地は仙夏に告白した。何て言ったらいいんだい?仙夏も蔵地を想っていた。

第9話、花魁江戸を忘れる!令和男vs侍 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」9話視聴率

「江戸モアゼル」第9話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」9話あらすじ

161年に一度のチャンス

仙夏と長兵衛がタイムスリップしたのは161年に1度しか現れない彗星が最も地球に近付いた年だと分かる。

「この日を逃すと、もう二度と江戸には戻れない。」

蔵地と仙夏は、みんなの前で恋仲宣言をする。仙夏はデートテストを行う。ところが蔵地は絶望的にセンスがなかった。

仙夏が熱を出してしまう。長兵衛は江戸に戻る話をする。

「スカイツリーに登りたい。一番高い場所から、この世界を見てみたい。」

仙夏は江戸の記憶が薄れていく。蔵地はここに残ることを望んだ。簪・着物・琴の音色、仙夏は好きだったモノを忘れようとしていた。

「今の生活を絶対に捨てられない自分がいて、だから仙夏にも一緒にいて欲しいって言えない。」

薄れていく記憶の中で

泉美は鳥居を呼び出す。蔵地の愚痴を聞いてもらおうとしていた。

「自分がどれだけ失礼なことしてるのか分かってるのか?」

仙夏は江戸の記憶を忘れようとしていた。江戸で生まれた仙夏が、なぜ令和の時代に来たのか?長兵衛が作った大八車が壊されてしまう。

「お主が好きなのはダレだ。江戸で育ったお仙だろう?」

長兵衛は大八車を壊したの蔵地と決めつけていた。

「私はここで生きて行く覚悟を決めたんだよ。私は蔵地と一緒にいたいんだ。今までよく頑張ってくれた、ありがとうござりんす。」

長兵衛は江戸の仙夏を忘れないためにも戻ろうとしていた。

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」9話感想

コメント