【江戸モアゼル】2話ネタバレと感想!直次郎に再会する仙夏にライバル出現か     

江戸モアゼル

仙夏は、泉美の会社の社長・鳥居に会う。鳥居は想い人・直次郎に似ていた。

第2話、時をかける花魁vs恋敵キャバ嬢! 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「江戸モアゼル」2話視聴率

「江戸モアゼル」第2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「江戸モアゼル」2話あらすじ

鳥居の接待要因

鳥居は秘書を募集していた。仙夏は鳥居に近づくため秘書の面接に向かった。

「採用、君来週から出社して。」

鳥居は仙夏を採用した。現代に来たのは、もう一度直次郎に会うためだ。仙夏はそう信じていた。

直次郎は、吉原に出入りしていた八百屋の男だった。想いを伝えることなどできる相手ではなかった。

ファッションメーカーの社長・磯部は、仙夏のことを気に入る。キャバクラに誘われる。キャバクラには鳥居がカフェ出会っていた綾子がいた。

「接待要因として仙夏さんを雇ったんじゃないかって。」

蔵地と泉美は食事に出かけていた。磯辺は仙夏の体を触ろうとする。仙夏は許さない、そのはっきりとした態度が気に入られてしまう。

仙夏の愛した直次郎

磯辺は、鳥居の会社との独占契約を結んだ。仙夏は蔵地のスケッチブックを見つける。

「今度、私と直さんの絵も描いておくれよ。江戸で出来なかったことをやりたいんだよ。」

鳥居は接待のために仙夏を雇っている。あの人は直次郎ではない。蔵地は本当のことを言ってしまう。仙夏は蔵地に失望してしまう。

綾子が鳥居の会社に乗り込んでくる。ナイフを出して脅した。鳥居は金なら払うと開き直った。

「粋じゃないねぇ、あんた粋じゃないよ。女の恋心を利用して、直さん。いや、鳥居の旦那は大悪党だよ。」

誰かに必要とされる生き方なんて捨てろ、自分で自分を必要としろ。仙夏は綾子を抱きしめた。

江戸時代、直次郎は流行病で命を落としていた。顔も声もそっくりな鳥居に仙夏は想いを重ねた。蔵地はシュークリームを仙夏に差し入れた。

「俺とつき合え、お前みたいな面白い女初めてだ。俺とつき合え。」

鳥居が仙夏に興味を持った。

見逃し動画配信サービス「江戸モアゼル」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「江戸モアゼル」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「江戸モアゼル」2話感想

コメント