【おちょやん】77話ネタバレと感想!千代が寛治の母親代わりに

朝ドラ「おっちょやん」

千代と一平は、寛治を預かることになった。おつかいを頼んだ寛治の帰りが遅かった。

第77話、千代は寛治の母親代わりになろうとする。

「おちょやん」77話視聴率

第16週「お母ちゃんて呼んでみ」第77話が、3月23日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」77話あらすじ

お母ちゃんて呼んでみ

「道に迷うてしもうて。」

寛治は小銭入れをなくしてしまった。千代が探しに行くことになった。

「好き嫌いはあかんで、何でも食べなぁ。」

千代はにんじんを残したのが気になった。母親の話になる。

「知らん、ずっとお父ちゃんと二人やったし。」

母親が生きているのか死んでいるのかも知らなかった。

「よっしゃ、ここにきてるときはウチがお母ちゃんや。お母ちゃんて呼んでみ。」

寛治は呼ぼうとはしなかった。

「お母ちゃんは、もっとキレイで優しい人がええ。」

絶対に呼ばせて見せる。千代は張り切っていた。『福富』ではホットケーキを食べた。

「ウチ優しいな、お母ちゃんみたいやな。お母ちゃんて呼んでもええで。」

高城百合子と再会

福助は息子の一福にトランペットを教えようとしていた。

「もう、やりたない。」

寛治はトランペットを嬉しそうに触らせてもらう。

「あんな無理やりやらせたら、好きなことかて嫌いになってまう。」

大人はみんな勝手だ。寛治の優しさが千代は嬉しかった。

「ご期待に添えるように頑張ります。」

一平は大山のところに来ていた。次の公演も期待されていた。

「美味しかったら、ウチのことお母ちゃんて呼ぶんやで。」

千代はライスカレーを作っていた。すりおろしたにんじんをカレーに入れていた。寛治はそれを知らずに美味しいと言ってしまう。

千代のところに小暮が来る。高城百合子と結婚していた。2人は大阪へ列車が動かなく、泊めてもらうつもりでいた。

「僕らのことは、ここだけの話にして欲しい。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」77話感想

コメント