【おちょやん】84話ネタバレと感想!みつえの命がけと家庭劇の解散

朝ドラ「おっちょやん」

一平は家庭劇の解散を発表した。公演は客入りが悪く赤字が続いていた。

第84話、家庭劇は大切な居場所。

「おちょやん」84話視聴率

第17週「うちの守りたかった家庭劇」第83話が、4月1日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」84話あらすじ

家庭劇は解散や

大山に見限られた家庭劇は、解散するしかなかった。

「後ろ盾を失のうたら、もう続けることはできへん。」

千代は大山のところに行こうとする。

「あんたにとって家庭劇は、そないなもんだったんだすか?」

空襲が来るたび逃げて、食べるために配給に並び。生きて行くだけで精いっぱいだった。

「もうこれ以上みなさんを家庭劇に縛ることはできません。」

千代は大反対だった。千之助はどう思うのか?

「おもろないわ、何もかんもじゃ。」

この辺が潮時かも知れない。千之助は出て行ってしまう。

「ウチは絶対に反対や。ウチは女優になってみんなを喜ばすのが夢やった。家庭劇は、その夢を叶えてくれたとこだす。」

命がけで守る大切なモノ

一平は悔しさを噛みしめていた。千代に相談すれば諦めきれない感情が生まれる。だから言えなかった。

「けどな、こないするしかあらへんのや。」

千代はみつえのところに来ていた。婦人会が金属を徴収しに来る。トランペットが狙いだった。

「ウチらがどないな気持ちで質に入れたか分かりはります?」

家探しをする前に自分を包丁で刺してからにしろ。みつえは本気だった。婦人会は諦めて帰ってしまう。

「当たり前や質になんか入れるワケあらへん。」

福助のためトランペットだけは渡さない。命を懸ける覚悟でいた。

「どんだけしんどい時でも思うことだけはできます。」

しずは、岡安の暖簾をもう一度出して見せる。その強い気持ちを持っていた。みつえは疎開するため、しずを迎えに来た。

「堪忍、やっぱりウチは家庭劇続けます。たった二人でも、みんなを喜ばせることはできますねんで。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」84話感想

コメント