【おちょやん】85話ネタバレと感想!千代が大切に想う家庭劇の仲間たち

朝ドラ「おっちょやん」

大山は家庭劇の解散を指示した。千代は、自分ひとりでも家庭劇を続けると決めた。

第85話、千代と一平は意見が食い違ってしまう

「おちょやん」85話視聴率

第17週「うちの守りたかった家庭劇」第85話が、4月2日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」85話あらすじ

たった一人でも家庭劇は続ける

千代は稽古場の掃除をしていた。そこに寛治が来る。

「家主さんと話をしてな、ウチが借り直すことにしましたんや。」

寛治には失うモノがなにもない。千代と一緒に家庭劇を続けることを決めた。手違い話の練習を始める。

「ウチの人はどこどす?どこにいてますのや、出しとくなはれ。私の役を勝手に取らないでくれる。」

ルリ子が戻って来た。疎開するはずの父親とはケンカになってしまった。

「気になってしまうねん、家庭劇のこと。」

外は雨になった。徳利・天晴・漆原が戻って来る。そして、千之助が来た。

「力貸したるわ。」

家庭劇のみんなが戻って来た。

千代の大切な仲間

「何や、結局みんな戻って来たんか?ホンマにアホばっかしやな。」

一平は、みんなをみて笑った。

「京都の朱雀劇場、1日だけ抑えることができた。」

みんなが納得した上で公演をすると決めた。

「そうと決まったら祝杯や。これのう、アホの百久利が好きだった酒じゃ。」

千代が音頭をとった。

「ここ来て一人で掃除してて、ずっと思ってました。寂しいなーって、ウチの守りたかった家庭劇はみんなのいてる家庭劇だす。ウチは今しあわせだす。」

「長いわ、小山田の寿命くるわ。幸せやったらええんや、立て立て。」

昭和20年3月、東京に大空襲があった。しずはかめに疎開を勧める。

「亀、あんた旦さん連れて疎開しい。早う、行きなはれ。」

家庭劇は公演を控えていた。本当にこれでよかったのか?千代は一平に背中を押してもらう。

「昨日の夜、大阪で大空襲があって道頓堀もやられてしまったって。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」85話感想

コメント