【ハクタカ】ネタバレと感想!SNSの書き込みが復讐の連鎖を生んだ

ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル
ドラマ「ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイルは、3月22日(月)に放送されました。主演を真木よう子さんが演じています。 鷹のような鋭い眼光で事件の全貌を見通す、白鷹が真相を見抜く!

「ハクタカ」1話視聴率

「ハクタカ 白鷹雨音の捜査ファイル」が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「ハクタカ」1話あらすじ

フグの猛毒で殺害

公園でピエロの姿の変死体が発見される。被害者は、洋菓子店のオーナー若山一哉だった。体内からはテトロドトキシンが見つかった。 「これは犯人の犯行声明の可能性があります。」 ピエロが持っていた風船には文字が書かれていた。ピエロがピエロを運んでいる姿が目撃されていた。遠山蓮はピエロの衣装を買っていた。 白鷹は風船の数字から連続殺人を予感する。その後、車いすに乗った遺体が発見される。 2年前、八木玲奈が誘拐される。身代金目的ではない公開捜査をするべき。白鷹の意見は通らなかった。玲奈が生きて帰ることはなかった。 猛毒を手に入れるのは難しい。殺害するには致死量を試す必要がある。田代にはランニングの途中で搬送されたことがあった。

だれも助けてくれない恐怖

女性の遺体が発見される。現場には、3TTXの文字が見つかった。廣川真弓の元恋人は、フグを扱う店舗で働いていた。右手には火傷の痕があった。 安西の家は、玲奈を殺害した犯人と同じマンションだった。SNSから廣川と若山の書き込みを見つける。2人は玲奈と会っていた。 「助けて下さい。殺される、俺もきっと先生に殺される。」 安西はフグを渡したことを認めた。白鷹は八木の家に向かう。『おおたけ幼稚園』のパンフレットがあった。白鷹は襲われてしまう。 「彼らは玲奈を見ていたんだ。なのに助けようともしなかった。」 まだ生きているのに誰も助けてくれない恐怖を感じさせたい。犯人は玲奈の父親だった。八木は警察官に撃たれる。4番目のターゲットは自分自身だった。 草野の様子が変だった。棚橋を見つけたのは草野、八木と繋がっていた。絶望の淵に立たされた八木は復讐する道を選んだ。

動画配信サービス「ハクタカ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「ハクタカ」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ハクタカ」感想

コメント