【おちょやん】104話ネタバレと感想!千代を苦しめる思い出は消せない

朝ドラ「おっちょやん」

当郎が千代に会いに来た。もう二度と役者には戻らない、千代の気持ちは固かった。

第104話、辛いことを思い出すのが怖い千代を苦しめる過去

「おちょやん」104話視聴率

第21週「竹井千代と申します」第104話が、4月29日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」104話あらすじ

千代を苦しめる思い出

「このラジオドラマ、絶対に成功さしたいんだすわ。」

千代は、当郎の強い気持ちを感じ取った。当郎が屋台の前を通ると脚本家の長澤を見かける。

「君の言う通りや、彼女はええもん持っとる。けどな…。」

本人にやる気がない以上は仕方がない。長澤は慰問団に行ったことを思い出す。

千代は芝居を始めた頃を思い出していた。天海一座・京都での大部屋女優・家庭劇、最後の舞台が千代を苦しめていた。

「千代おばちゃん、花車当郎さんて、こないな字であってる?」

春子は作文を書こうとしていた。みんなで読むことは恥ずかしいから、あまり好きではなかった。

「友だちが春ちゃんのこと助けてくれる。ウチもそうやった。」

そばにいてくれるだけでいい

千代が来てから春子は明るくなった。

「ここ残ってくれて、おおきにな。」

芝居をやめた自分にできることは何もない。栗子は娘の話をする。

「あても後を追う思うたんや。けど、春子がおったお陰で思いとどまったんや。ただおってくれるだけでええ、それで充分や。」

千代がそばにいてくれるだけでいい。栗子は心からそう思っていた。

ある日、千代が家に戻ると脚本家の長澤が来ていた。

「後悔せえへんためです。道頓堀で聞いた、あなたのことが気になって。」

千代のことを心配し、役者に戻ることを信じている。道頓堀が女優・竹井千代を支えて来た。忘れられない時間だった。

「昨日、当郎とあなたのやり取りを聞いてしまって。笑い声がまるでラジオドラマようで、あれこそ目指すモノだと確信しました。」

戦争で失った家族のだんらん、もう一度取り戻したい。長澤は頭を下げた。辛いことを思い出すのが怖い、千代は断った。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」104話感想

コメント