【おちょやん】59話ネタバレと感想!ヨシヲの幸せを願った千代の涙

朝ドラ「おっちょやん」

えびす座に火をつける。大山あての脅迫状には、ヨシヲが絡んでいた。警察に行こうとする一平を千代が止めた。

第59話、ヨシヲの計画を知った千代は…。

「おちょやん」59話視聴率

第12週「たった一人の弟なんや」第59話が、2月25日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」59話あらすじ

たった一人の弟なんや

「時間できたらウチで一緒にご飯食べるように言うとき。」

しずはヨシヲと歓迎していた。宗助は一緒に住むことを勧めた。

「みなさんおおきに、ヨシヲも喜びます。」

『鶴亀』は、明治から大正にかけて道頓堀の芝居小屋を手中に入れた。その時も元座主から嫌がらせをされた。

「あれから20年なんも変らんわ。」

熊田は脅迫の相手を突き止めた。神戸の元興行主たちによる嫌がらせだった。千代と一平は、ヨシヲに会いに行く。

「一緒に暮らそう。なんぼほしいねん、ねーやん一生懸命働いてヨシヲ食べさせたる。」

ヨシヲは自分のやっていることが間違っていると思っていない。千代が思うよりもずっと稼いでいた。

「俺はな、そんな浮かれたこという奴みてるとへどが出るねん。言うたやろ、人がどうなろうとあんたがどうなろうと、知ったこっちゃない。」

ヨシヲを想う千代の涙

「あれがヨシヲや、お前の思い描いておった理想の弟はもうどこにもいてへんのや。もう諦め。」

『鶴亀家庭劇』は、稽古を続けていた。一平は大山に全てを話すことを決めた。

「あいつはな、いっつもヨシヲヨシヲいうてな。お前のためやったら死ねるってな。」

一平は千代を13年見ている。ヨシヲよりもずっと知っている。

「この世の中で、お前のことを誰よりも思うてたのは間違いのう千代や。」

千代は夜空にビー玉を見上げる。ヨシヲと会えた喜び、見違えるほど大きくなっていた姿。亡き母に報告する。

「明日も晴れやな。」

ヨシヲが怖い顔をしていた。千代はヨシヲを探した。

「ああーこんばんわ、寒いですなー。焚火だすか?ほなワテもあたらしてもらいまひょかね。」

一平は火をつけようとした時、千之助がそばにいた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」59話感想

コメント