【おちょやん】95話ネタバレと感想!お家はんと直どん次に繋げる芝居

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀新喜劇』の稽古が始まった。しかし、千之助は来ていなかった。

第95話、千之助が主役を千代に指名した。

「おちょやん」95話視聴率

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」第95話が、4月16日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」95話あらすじ

千代が主役へ

「わしはやらん、千代お前がせえ。お前が主役や。」

千代はセリフのことが気になっていた。

「何であれど狸なんだす?」

千代は日本酒を飲んだ。狸じゃなくてど狸なのが、どうしても気になる。

「何でやろ?どないに芝居したらええのか、分からへんようになってしもうた。」

絶対に失敗はできない、千代は主役を演じることに不安になっていた。千代に花が届いた。

「俺らのやることは今も昔も変わらへん。見てくれる人の前で一生懸命に芝居するだけや。」

お家はんと直どん

『お家はんと直どん』は、若い2人が家柄を超えて一緒になろうとしていた。あきおの母・てるは、相手の娘の父親が直吉と知り反対する。

てると直吉は、かつて恋人同士だった。駆け落ちの約束は守られず別れた。その2人が40年ぶりに再会する。

「これ、直どん。なんぼしわくちゃになろうと私を忘れるやなんて。」

直吉はずっと想っていた。その言葉がてるは嬉しかった。2人の結婚を許すことにする。

「昔にしばられて今を見失のうたらあかん。」

「あんたら若いもんがこれから世の中を引っ張っていくんや、頼んだで。」

新しい時代の幕開け

大山は手をあげて喜んだ。

「道頓堀喜劇の新しい幕開けや。」

千之助は舞台に頭を下げる。

「ええ芝居やった。天海、お前のお父ちゃんにやっと義理果たせたわ。」

「今までありがとうございました。あなたからもらったもの、何一つムダにはしません。」

千之助は行ってしまった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」95話感想

コメント