【おちょやん】67話ネタバレと感想!万太郎と家庭劇一座が決裂か

朝ドラ「おっちょやん」

次の公演では、家庭劇と万太郎一座が競い合うことになった。どちらか面白い方がチャップリンに見てもらえる。

第67話、万太郎との勝負に千之助がムキになる

「おちょやん」67話視聴率

第14週「兄弟喧嘩」第67話が、3月9日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」67話あらすじ

万太郎と勝負

万太郎との一騎打ちに千之助がムキになった。

「みんなお前の見た目に金払ってるだけじゃ。」

千之助は女優を嫌っていた。

「チャラチャラした女の出る幕やない、小屋の前で客引きでもしたってくれ。」

女優を採用したのは一平だった。一平は自分の書いた本で勝負しようとしていた。千代はルリ子と香里を引き止める。

「自分だけは特別やと思うてんのやろ。ええなー、うまいこと取り入ったな。」

香里は見た目を気にしているところがある。千之助の言っていることは正しい。

「女優としての誇りがあるなら、劇団の男どもにこびを売る態度はやめたら。」

千代は、媚を売ると言われた意味が分からなかった。

一平の本は悪くはない。ただ何かが足りないと思っていた。

千之助の本はつまらない

万太郎と千之助は、菅乃屋兄弟として伝説を残していた。なぜ万太郎を憎むのか?

「爪に火をともすように貯めたお金を奪われたらしいわ。」

「俺の聞いた話と違う。万太郎に許嫁、寝取られたって。」

「そうやない、役者やった一座を万太郎に乗っ取られたって。お父さん、首くくって死んでしもうた。」

万太郎の父親は、まだ生きている。誰も真実を知らなかった。

千之助が飲み屋に行くと万太郎がいた。

「つれないのー、前祝や。ウチがお前らを負かすときのな。」

千之助が台本を書いて来た。その内容はよく分からないモノだった。

「こないな本では家庭劇の評判落とすだけや。そないな千さんとは一緒にでけん。」

千之助は一人で舞台に立つと言い出す。その頃、小山田が万太郎一座の台本を盗もうとしていた。そこに万太郎が来てしまう。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」67話感想

コメント