【青のSP】9話ネタバレと感想!子どもの夢と親の期待が交差した時

青のSP
校長の木島は、暴行未遂事件を隠蔽したことで逮捕された。だが、隆平はまだ事件には裏があると思っていた。 第9話、子供を縛る毒親ぶった斬り! 真相に迫る最終章へ

「青のSP」9話視聴率

「青のSP」第9話が放送されました。気になる視聴率は、8.6%でした!

「青のSP」9話あらすじ

子どもの夢と親の期待

3年生のクラスでは進路指導が始まっていた。涼子は相良恭子のことで頭を悩ませていた。志望先が親の意向と異なっていた。
「香里はなぜ暴行未遂事件を公表しようとした。」
木島は何かを隠している。子どもたちが苦しんでいるなら味方でいてやれ、誰のものでもない人生を歩ませてやれ。香里はそんな教師だった。
相良が授業をボイコットした。将来は英語を活かした仕事がしたい。涼子は企業のスピーチコンテストを勧めた。
涌井美月の父親は横暴な男だった。暴行未遂事件緒ことは知らない。休日、隆平は美月の後をつけた。図書館では尾崎香澄と会っていた。
岡部のセクハラ事件は予備校にバレてしまう。職場と婚約者を失った。香澄の父親は教育長の尾崎だった。他に家庭を持ち香澄を疎ましく思っていた。

家族の病理は連鎖する

井上双葉の母親は、娘を女優にする夢を描いていた。通信制の高校に行かせようとしていた。恭子の母親はスピーチコンテストのちらしを破りすてた。 「あなたの母親は私よ、あんな担任の言うことなんか無視しなさい。」 双葉が男子生徒のからかわれる。逆上してスマホを投げ捨てる。 「私だって分かってる。もうやめたいよ、もう私のことなんか見ないで。」 身勝手な母親の犠牲になろうとしていた。恭子はナイフを隆平に渡す。双葉を見て怖くなった。この次は母親を刺してしまう。 「やりたいことがあるなら突っ走ってみろよ。」 恭子の母親が来てしまう。もう言いなりになりたくない。恭子はスピーチに向かった。家族の病理は連鎖する。今断ち切らなければ繰り返す。 木島が釈放される。その帰り道、岡部に銃で撃たれた。

見逃し動画配信サービス「青のSP」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「青のSP」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「青のSP」9話感想

コメント