【青のSP】最終話ネタバレと感想!ずるして手に入れたモノに価値はない

青のSP
校長の木島は、岡部に撃たれてしまう。岡部は、1年前の事件が表ざたになり全てを失った。その逆恨みによる犯行とされていた。 最終話、さよなら嶋田隆平…最後に伝える言葉は

「青のSP」最終話視聴率

「青のSP」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「青のSP」最終話あらすじ

美月が隠したこと

岡部の暴行事件は、隆平が明るみにした。木島を狙うのはおかしい、隆平は美月と香澄の行動を探った。
「なぜ岡部をハメた。そのことを岡部が知ったら許さないだろうな。」
香澄は建築学科への進学を希望した。岡部は美月の自宅に来ていた。隆平は岡部の押収物から通帳を見つける。そして、木島を追究した。
「正直に言ったらどうだ、私たちは岡部先生を騙しました。目的はお金のためですって。」
美月は岡部から420万円を受け取っていた。木島は全てを告白した。学校に慰謝料を要求したのは、美月の母親だった。
美術室で美月は岡部を誘惑した。大学に行くための学費を稼ぐためだった。隆平は父親に話すと脅した。美月はだまし取ったことを認めた。

生徒を守るのは教師の責任

美月と香澄のしたことは許されることではない。この事件がなければ香里が死ぬこともなかった。香里は大学を入り直し、自分の力で教師になった。 「分かるか?ずるして手に入れたモノなんて何の値打ちもないんだよ。」 岡部は学校に入り込んでいた。三枝が撃たれてしまう。隆平は岡部に向かってい行く。肩を撃たれてしまう。 「この子たち守るのがあんたの責任だろ、早く行けって。」 隆平は香里の幻覚を見てしまう。あの子たちに守る価値はあった?岡部に手錠をかけたまま倒れてしまう。学校の前にはマスコミが押し寄せた。 「私たちはスクールポリスが必要ない学校を作って行きたいです。」 隆平は交番勤務になっていた。涼子は隆平に会いに行った。

見逃し動画配信サービス「青のSP」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「青のSP」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「青のSP」最終話感想

コメント