【青のSP】6話ネタバレ感想!新人教師のパワハラと美月の事件の真実

青のSP
隆平は岡部の自宅をつきとめていた。犯人を見つけたら殺す。涼子は隆平の言葉が頭から離れないでいた。 第6話、新人の教師を救う…はずが!? ブラック職場を断罪

「青のSP」6話視聴率

「青のSP」第6話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした!

「青のSP」6話あらすじ

教師へのパワハラ

職員室では、新津清が荒井や古賀に仕事を押しつけられていた。学生時代からの友人・柴田は心配していた。
「あいつは今にも心の病にかかりそうなんです。」
柴田は隆平に相談するが取り合わなかった。新津は生徒からもバカにされていた。そんな新津を香里がかばってくれた。
新津はバッグを奪われてしまう。生徒の個人情報が入っていた。水野楓は新津を心配していた。
「学校にはスクールポリスにしか解決しない問題があるって。この間、痛感したから。」
個人情報が流出してしまう。古賀は責任を押しつける。新津は柴田と一緒に保護者のところに向かう。
「いっそ、このまま消えようかな。そしたら少しは学校も変るかな。」

美月の事件

もう疲れました。新津は遺書を残して屋上に向かった。 「僕、人間らしく生きたい。毎日残業して、休みの日は部活に消えて。それのどこが人間らしいって言うんですか?」 学校ではなく制度に問題があった。教師たちは新津の味方についた。校長は業務量を減らすことを約束した。 「下手な芝居な割にはうまくいった方だな。」 隆平は初めから芝居だと気づいていた。新津は古賀から押しつけられた仕事を返す。生徒と向き合う時間を作ると決めた。 岡部は香里が事故にあったときフランスにいた。涌井美月が暴行にあっていたことが分かった。学校は表ざたにしなかった。 香里が隠蔽に加担した?隆平の元に録音データが送られる。そこには涼子の声が入っていた。

見逃し動画配信サービス「青のSP」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「青のSP」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「青のSP」6話感想

コメント