【おちょやん】64話ネタバレと感想!天海の優しいウソは一平の夢を奪った

朝ドラ「おっちょやん」

千代と一平は、京都で母親に会うことができた。母親が男と一緒に出て行ったことが分かった。

第64話、一平の襲名は大きな話題になった。

「おちょやん」64話視聴率

第13週「一人やあらへん」第64話が、3月4日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」64話あらすじ

これが最後や

「堪忍な、ウチがお母ちゃんに会いに行こう言うたさかい。」

「俺の方こそ悪かったな。痛かったやろ。」

一平は、天海の襲名を受けることを決めた。父親がずっと悪いと信じて来た。家族を捨てたのは母親の方だった。

「罪滅ぼしや。」

一平の顔は寂しそうだった。翌日、新聞に襲名記事がのった。『岡安』には予約の電話が入った。

一平は、ご贔屓の人に挨拶周りをすることになった。

「君のお父上は、ホンマにいい役者やった。その名に恥じぬように、しっかり精進するんやで。」

一平は、自分のことと同じように劇団員を頼んだ。

役者を辞めなかった理由

劇団の稽古は力が入っていた。千代は一平を夕飯に誘うが断られる。

「ほっか、やっぱしあては袖にされてもうたか。」

ハナは、一平の好きないなり寿司を作って待っていた。昔、一平は食事もとらないことがあった。母親に会いたい。

「俺かて、会いたいわ。」

ハナは、いなり寿司を持って行ったことがあった。一平は台本を燃やしてしまう。

「あんた役者、やめるつもりなん?いつまでそんなウソくさい顔で笑ろうてんの?」

10年後も50年後も忘れられない喜劇を作る。一平は、その夢を捨てようとしていた。

「堪忍、もうあかんねん。俺はずっと親父のこと憎み続けて来たんや。」

母親を追い出した父親、それが自分を守るためのウソだった。襲名後に最初で最後の芝居をする。

「天海さんはな、あんたのお母ちゃんが出て行ったあと役者やめようとしたんやて。せやけど、役者をやめへんかった。何でか分かるか?」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」64話感想

コメント