【おちょやん】97話ネタバレと感想!一平の苦しみと千代の決断

朝ドラ「おっちょやん」

一平は千代に頭を下げた。街でばったり会った灯子と酒をかわした。

第97話、千代は一平の苦しみを知っていた

「おちょやん」97話視聴率

第20週「何でうちやあらへんの?」第97話が、4月20日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」97話あらすじ

一平の裏切り

「謝ったらええ思うたら大間違いや。」

千代は水を飲み落ち着こうとした。

「魔さすいうこともあるやろ。」

千代は家を出て岡富に向かった。みつえとしずは怒っていた。

「娘同然の千代を泣かせるようなことされて、このまま黙ってたら女がすたります。」

翌日、千代は稽古場に行く。険悪な雰囲気のまま稽古が始まった。

「さんざん千代に世話になったのに、裏切るなんて。」

千代は怒っていた。

「大ウソつきの、あんたみたいな大ウソつきの。この大ウソつきの。」

千代は一平を突き飛ばす。緊張した空気のまま稽古は終わった。

何があっても芝居はする

岡富には大山が訪ねて来る。

「一平とのこと聞きはりましたんやろ、すんません。」

大山は千代に頭を下げた。今の新喜劇があるのは千代のお陰、感謝をしていた。

「隠してますけど、ずっと新しい本が書けんと苦しんでたんです。」

一平は新作が書けなかった。男は何かあると酒や女に逃げようとする。そのせいで灯子に甘えのかも知れない。

「何があってもお芝居だけはちゃんとやりますさかい。」

一平は大山のことを外で待っていた。

「道頓堀の火、消したらあかんで。頼むで二代目。」

千代は一平と灯子のところに向かう。灯子の家からは医者が出て来た。

「ややこができただけや、めでたいこっちゃ。」

千代は一平を家から追い出した。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」97話感想

コメント