【大豆田とわ子と三人の夫】2話ネタバレ!慎森の忘れられない想いと新しい風

大豆田とわ子と三人の元夫
八作のレストランに慎森と鹿太郎が来ていた。そこへ、とわ子と唄もやって来る。 第2話、明かされる離婚の秘密と男の本音

「大豆田とわ子と三人の元夫」2話視聴率

「大豆田とわ子と三人の元夫」2話が放送されました。気になる視聴率は、6.7%でした!

「大豆田とわ子と三人の元夫」2話あらすじ

すき焼きの醍醐味

とわ子は図面を引くのが好きだった。3ヵ月前にオーナー社長が引退し、後を任された。社内では気を使い疲れを感じていた。 ある日、八作の店に行くと慎森と鹿太郎が来ていた。タクシー代のことで見つめ合う。恋の6秒ルールをカウントされた。とわ子と唄が店に来る。 「女性の過去になれることって幸せなことじゃないですか。」 慎森は、公園で小谷翼と出会う。派遣切りに合い困っていた。 「僕には人を幸せにする機能が備わっていません。」 とわ子は慎森と一緒に歩いているとオレンジのソファを見つけた。坂の上にある家まで運んでもらった。新しいソファを買い処分することを決める。 鹿太郎は仕事で出会った女優の古木美怜から家に誘われる。八作の店には、親友の出口俊朗が恋人の三ツ屋早良を連れてやって来る。 とわ子は高級卵をもらった。元夫たちを家に呼び、すき焼きをすることになった。

満たされない想い

八作は鍋を、鹿太郎は野菜を、慎森はしょう油を持って来た。肉がないことに気がついて買い出しに向かう。慎森はソファが捨てられてるのを見てしまう。 「怒ってないし面倒くさくもないよ、だってもう関係ないもん。」 慎森はとわ子を忘れられないでいた。唄に疑われて慎森は帰ってしまう。とわ子が警察に連れて行かれる。慎森がかけつけた。 マンションでは悲鳴が聞こえて上の階を見に行く。その時、とわ子はノコギリを持っていた。住民に通報されてしまった。 「唄ちゃん、安心して。大丈夫、ママは僕が助ける。」 とわ子はカフェで社長になることを決めた。窓際に座る高校生がイチゴのタルトを食べた。それを見て何となく決めた。 「別れたけどさ、今でも一緒に生きていると思ってるよ。」 三人の元夫たちには新しい恋が芽生えようとしていた。

見逃し動画配信サービス「大豆田とわ子と三人の元夫」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「大豆田とわ子と三人の元夫」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「大豆田とわ子と三人の元夫」2話感想

コメント