【おちょやん】48話ネタバレと感想!役者やめたらあかん千代の説得

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀家庭劇』の初日、千之助は自分勝手に芝居を変えた。それについていけない高峰が出て行ってしまう。

第48話、努力家の高峰は千之助に怒ってしまう。

「おちょやん」48話視聴率

第10週「役者やめたらあかん」第48話が、2月10日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」48話あらすじ

高峰の過去の事件

一平と千代は高峰の宿に向かう。

「役者だけでは食べていけないから、開いた時間にここで働かせてもらってるの。笑いたければ笑えばいいわ。」

高峰は宿で働いていた。なぜ高峰は役者を追われたのか?

「ちゃう、絞め殺そうとしたんや。若い女優をな。」

主役を奪った若手の女優を殺そうとした。新派の間では有名な話だった。女優を変える話になる。

「それでええんやろか?高峰さん、やりとうない喜劇もやろうとしたんや。ホンマは辞めとうないんやないやろか。」

一平は一座を潰している。千之助は万太郎に追い出されている。傷を持っているのは、みんな同じだった。

「はなから半端もんの寄せ集め、これが鶴亀家庭劇や。でも、せやからこそ新しいもん作れるんやないかって俺はそう信じてる。」

千代が笑いをとる

「ウチの人はどこだす、出しておくんなはれ。ウソいいなはれ、どこぞに隠れてはるに決まってる。」

菊は高峰のセリフを覚えていた。新しい芝居のたびに付き合わされた。上方の言葉はあっているのか?意味は通じているのか?それが高峰ルリ子だった。

「鶴亀家庭劇には高峰さんが必要なんです。」

高峰は若い女優の頬を殴った。それが首を絞めたことになってしまった。

「何度も言ったけど、気がついたら追い出されたのは私の方だった。」

その女優が千代に似ていた。千代は笑いだす。

「人さんに笑ろうてもらいたかったら、まずは自分が笑えって。ウチは高峰さんに笑ろうてもらいたい。せやから笑います。」

千代は高峰を裏切ったりしない。こんなことで役者をやめてはいけない。高峰は泣いてしまう。

「よろしおます、やったろうやないけ。」

千代は千之助よりも笑いをとる。座長をかけて勝負することになってしまう。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」48話感想

コメント