【おちょやん】89話ネタバレと感想!悲しみに包まれた今こそ芝居に情熱を

朝ドラ「おっちょやん」

昭和20年8月15日、日本は戦争に負ける。たくさんの人が悲しみに包まれた。

第89話、戦争が終わって残されたモノ

「おちょやん」89話視聴率

第18週「うちの原点だす」第89話が、4月8日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」89話あらすじ

やり場のない気持ち

「お茶、淹れましょ。戦争が終わったら淹れよ思うて大事にとっておいといたんだす。」

しずは、美味しいお茶を淹れてくれた。みつえは部屋から出てこようとしなかった。失ったものがあまりにも大きすぎた。

「ウソつきや、絶対に勝つ言うてたくせに。日本が勝つためにお父ちゃんは命かけて戦こうたんと違うんか。」

一福はやり場のない気持ちでいた。無駄死にではない。福助が戦ったのは、みつえと一福を守るため。

「戦争が終わって、みつえと一福が無事だった。それを何よりも願うてたはずや。」

千代は一福の肩を抱き寄せた。

「私はただ、しようと思うことはぜひしなくちゃならないと思ってるばかりです。」

泣きながらセリフの練習を続けた。

ウチの芝居の原点だす

千代は空を仰いだ。『人形の家』は、高城百合子が演じた作品。千代の芝居の原点だった。

「社会と私とどちらが正しいのか決めなくてはいけませんから。」

大きな声を出すのは久しぶりだった。その5日後、一平は稽古場に向かう。

「戦争が終わったら必ず連絡するって、ぼんに言われてたんや。」

家庭劇のみんなが集まっていた。小山田は引退した。

「きっと百久利も応援してくれてるわ。」

全国を回って芝居をする。一平は決めていた。

「芝居はどこでやるかやあらへんや、誰がやるかじゃ。」

みつえは部屋に閉じこもっていた。

「ウチらは芝居で全国を回ることになってる。もうあんたのこと構ってられへん、堪忍してなみつえ。」

道頓堀で1度だけ芝居をすることになった。みつえに見に来て欲しい。

「見に来てな。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」89話感想

コメント