【六畳間のピアノマン】1話ネタバレと感想!自分らしく生きられる場所を見つけろ

六畳間のピアノマン

ドラマ「六畳間のピアノマンが2月6日(土)に放送されました。主演を加藤シゲアキさんが演じています。

第1話、自分を救う勇気

「六畳間のピアノマン」1話視聴率

「六畳間のピアノマン」1話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「六畳間のピアノマン」1話あらすじ

理不尽さと戦え

村沢憲治は広告の求人会社で働いていた。営業が獲得した仕事を入力する。職場では、新人の永津へのパワハラがあった。

「失礼ですが、そんなやり方ではアポは取れないと思います。」

村沢は永津の仕事を手伝ってしまう。部長は自分を鍛えるために厳しいことも言っている。永津はそう思っていた。

「理不尽な先にしか感動がないっておかしくないですか?」

居酒屋にいると部長から呼び出される。プライベートも縛られていた。村沢は退職をすすめる。

8年前、村沢と夏野と大友はパワハラを受けていた。夏野は『六畳間のピアノマン』を残して事故で亡くなってしまう。

自分らしく生きる場所

「ピアノマンの歌声は明日への力になる。この動画を見た人が元気になってくれればいいなって。」

3人でビールを飲みに行った。久しぶりに人間に戻った気分だった。

「夏野は会社とあんたに殺されたんだよ。」

大友は会社を辞めてしまう。大友は上河内の理不尽さをネットに晒した。

「自分を罰するように生きても夏野が喜ぶと思うか?」

村沢は人と関わらないようにして生きて来た。夏野の歌声を聞きながら自分にはないができるか考えた。本社の総務部に告発する。

「私は変わらなければならないから、あなたを助けるんです。」

やり直しはいつだってできる、自分らしく生きられる場所を見つけて欲しい。村沢は社会保険労務士の名刺を渡した。

見逃し動画配信サービス「六畳間のピアノマン」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「六畳間のピアノマン」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「六畳間のピアノマン」1話感想

コメント