【六畳間のピアノマン】3話ネタバレと感想!過去を探るよりう今を生きる決意が

六畳間のピアノマン

上河内は麹現場で働いていた。子ども食堂に通い食事を支えていた。

第3話、いい人になりたい

「六畳間のピアノマン」3話視聴率

「六畳間のピアノマン」3話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「六畳間のピアノマン」3話あらすじ

記憶をなくした男

3年前、上河内は野良犬のようにやって来た。子ども食堂を運営している芳江は、食事や仕事の世話をしていた。

「人がええというか、困った人を助けてやらなって。」

上河内は公園で殺されそうになる。夏野泰造は、息子が事故で亡くなったのは上河内のパワハラのせいだと思っていた。恨みの上の犯行は未遂に終わる。

子ども食堂に通うカズトとユウトには父親がいない。母親も水商売をしていた。ある日、万引きをして捕まってしまう。

「ビートル探してる。1日3回見たら願い事が叶うんや。」

上河内は記憶をなくしていた。探偵所に調べてもらうと、パワハラ上司で音声データも残っていた。家族が探している形跡もなかった。

「私のパワハラがなければ、その事故は…。」

忘れたことは無理に思い出すことはない。今をちゃんと生きているなら、新しい人生を生きるべきだ。芳江の言葉が切なく響いた。

ビートルを探せ

真治は居酒屋で働いていた。作り置きのビールをサラリーマンに出した。それを美味しそうに生き返ったと飲み干した。

「この動画を見た人が元気になってくれたらいいなって。」

ビリージョエルの『ピアノマン』が流れる。真治は、嬉しそうなサラリーマンを見て泣いてしまう。それがきっかけになり店を持ちたいと思った。

「お馬さんや、あそこにビートルあるわ。」

父親に会えるかも知れない。みんなで競馬場に向かった。真治が賭けるが負けてしまう。その帰り道にビートルが3台走り抜けた。

「今、この瞬間をちゃんと生きて行こうと思いまして。」

カズトは母親から自転車を買ってもらう。真治は店を持つことができた。美味しいビールが自慢の店にしたいと願った。

見逃し動画配信サービス「六畳間のピアノマン」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「六畳間のピアノマン」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「六畳間のピアノマン」3話感想

コメント