【おちょやん】50話ネタバレ感想!笑いだけやない千代が演じる手違い話

朝ドラ「おっちょやん」

『鶴亀家庭劇』は最終日を迎える。千代は、おきんの生涯を知り舞台に立った。

第50話、千代は演じることの大切さを千鳥に教えてもらった。

「おちょやん」50話視聴率

第10週「役者やめたらあかん」第50話が、2月12日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」50話あらすじ

最後の大勝負

「演じるというのは役を愛した時間、そのもの。」

山村千鳥の言葉は、千代の心に深く刺さった。最終日、しずと菊も来ていた。

「芝居茶屋の女将が芝居見てる暇があるてな。ええ時代になりましたな。」

「今日は特別だす。ボンやんも千代もあての家族みないなものやさかい。」

客席には、山村千鳥も大山も来ていた。手違い話が始まった。一平が来るところで、千之助は客席にいる万太郎に気がついてしまう。

「久助、イヤじゃ。ワシは逃げも隠れもせんで。」

いつもとは違う話に持って行く。小山田が浮気相手だと言い訳する気でいた。

「もとはと言うたら、お前が手を取り違えたからやないか。」

そこへ、ごりょうが入って来る。おぎんはウソを突き詰める。

「実は私が好きなんは男なんや。ホンマに好きなんは嘉平どの、あんたや。」

客席は盛り上がった。ついに嘉平は浮気を認める。妻も浮気をしている、と話を変えた。

笑いだけやない

「ワテは誰とも浮気なんかしてへん、首しめたりもしてへん。みんなただのウワサだす。あんたにだけは信じて欲しかった。」

高峰は元カレの名前を叫んでしまう。誰やそれ、笑いの渦が巻き起こる。

「しゃーないな、九助あんたウチのこと抱きしめ。」

手が入れ替わっているため、嘉平はごりょうを抱きしめるしかなかった。客席から拍手が起こる。

「これだけは手違いやあらへん、旦さんの真の心や。」

「もうこりごりやー。」

お客さんの書いた紙には、それぞれの名前が書いてあった。千之助は痛み分けとした。しずは千代を見つめ、菊は高峰を見て嬉しそうに笑った。

「ワシと一緒にやるんやったらな、次はもっと笑かせい。」

万太郎は、千代に一目置いていた。大山からも認めてもらえた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」50話感想

コメント