【おちょやん】66話ネタバレと感想!チャップリン来日に道頓堀が沸いた

朝ドラ「おっちょやん」

一平は天海の襲名をした。その舞台の上で千代との結婚報告をする。

第66話、チャップリン来日に道頓堀が沸いた

「おちょやん」66話視聴率

第14週「兄弟喧嘩」第66話が、3月8日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」66話あらすじ

千代が弱音を吐ける場所

昭和7年(1932)m千代と一平が結婚して3年がたった。

「この飲んだくれども、ええ加減に起き言うてんやろ。このあほんだらー、ええ加減に起きさらせ。」

劇団員たちは、毎日のように一平に家に来ては酒を飲んでいた。

「やっぱり二日酔いには、千代ちゃんの作る味噌汁に限るな。」

一平と食事をしようとするが、本を書くことに夢中になっていた。ハナは千代と一平の結婚を見届けた後で亡くなった。月命日に岡安に向かう。

「知りまへん、あんな奴。」

「離縁し。ぼんやんは昔っから芝居のこと考え出したら、他のことほったらかしやし。その分あんたが苦労してますのんやろ?」

まだ子どももいない、離縁するなら今のうち。しずは離縁を勧めた。

「ウチは劇団員の食事の世話から寝間の支度まで、気ーついたら夜中だす。いつセリフ覚えるねんな。あんたがええ本書けるんは誰のお陰やちゅーねん。」

しずは笑ってしまう。いつでも弱音を吐きに来ればいい。

チャップリンに会いたい!

「男はんにはな、女の苦労なんて分かりしまへんのや。期待したらあかん。」

好きなだけ愚痴を言って弱音を吐けばいい。岡安は千代にとってかけがえのない場所になっていた。

みつえには、息子・一福が生まれていた。みんなに愛されていた。

「一福、菊おばあちゃんとしずおばあちゃんどっちが好き?」

「菊おばあちゃん。」

しずの前では、しずおばあちゃんと言う。よくできた息子だった。

福助はチャップリンがのった新聞を持って来る。日本に初来日することになっていた。道頓堀にも来てくれる。

鶴亀家庭劇と万太郎一座が競うことになる。どちらか面白い方が会える。

「派手な兄弟喧嘩を存分に楽しませてもらう。」

万太郎一座に勝つため、千之助がムキになった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」66話感想

コメント