【おちょやん】99話ネタバレと感想!何でうちやあらへんの千代の切ない涙

朝ドラ「おっちょやん」

千代は一平に離婚届けを渡した。みつえは一平からの伝言を伝えた。

第99話、もう一度話がしたい、最後の話し合いをすることになった。

「おちょやん」99話視聴率

第20週「何でうちやあらへんの?」第99話が、4月22日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」99話あらすじ

一平のだした結論

一平は千代と話し合いを望んだ。

「千代さん、今日はキレイやな。」

一平は灯子の家に向かった。

「どこにも行かんといてくれ。」

千代は稽古場で一平を待っていた。熊田が来る。

「急用ができたから家で待っといてくれって。」

それでも千代は待ち続けた。

「なんのーここにいてたかったん。ほんで、話って何?」

一平は頭を下げた。

「堪忍、俺と離縁して下さい。」

千代は頷いた。

なんでうちやあらへんの?

「何も言わんかてええ。みんな分かってるさかい。」

生まれて来る子どもを守ってやりたい。一平は、その気持ちを誤魔化すことはできなかった。

「新喜劇はやめへんで、よろしいな。」

千代が自宅に戻ると寛治が待っていた。満州で覚えた料理を作ってくれた。

「そりゃそうや、僕かていつまでも子どもやあらへん。」

千代は子どもの頃と同じ思いを抱えていた。テルヲと栗子、今度は一平と灯子に裏切られた。

「勝手に子ども作って、ウチは邪魔者や。」

引き止めても泣きわめいても灯子のところに行ってしまう。

「ご飯も作って洗濯もして、劇団員の面倒も見て。せやのに…何でうちやあらへんの?」

寛治は一平の着物を投げつける。

「一平のドアホ、あんたなんかいてんかっても、千代さんは幸せになれるんや。絶対になったんねん、このドアホ。」

一平の物は部屋に散らかった。それが千代には心地よかった。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」99話感想

コメント