【恋はDeepに】2話ネタバレと感想!海を大切に想う二人の距離が近づく瞬間

恋はDeepに

9ヵ月前、星ヶ浜海岸で海音は倒れていた。鴨居に助けてもらい家に住むことになった。

第2話、僕を助けた君は一体何者!?敵対する二人の運命的な恋が始動!

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「恋はDeepに」2話視聴率

「恋はDeepに」第2話が放送されました。気になる視聴率は、8.9%でした!

「恋はDeepに」2話あらすじ

倫太郎の探し物

『蓮田トラスト』の開発本部は、ホテル王・デイヴィッドを呼んでいた。倫太郎は展望タワーの説明をしていた。

「人間も海の生き物もみんながハッピーになれるように、お願いしますね。」

海音は設計図を見てショックを受ける。倫太郎はデイヴィットに会うため、海音とホテルに向かう。

パノラマ水槽の前で海で会った時の話をする。デイヴィットは水槽で魚にエサをあげていた。海音は魚の声を聞いてしまう。

「どうしてこの前、海にいたんですか?」

倫太郎は海で探しものをしていた。研究室では蓮田トラストの社員と懇親会を開いていた。食材を届けに行くが倫太郎は怒って帰ってしまう。

「あのさ、ハマグリ、ごめん。」

不器用な倫太郎を目で追った。

大切な海を守って

倫太郎はデイヴィットと釣りに行く。海音は光太郎に食事に誘われる。

「倫太郎にとって海ってなに?」

デイヴィットは貧しい家に生まれた。家族旅行にリゾートに行く。その後、両親は離婚してしまう。リゾートを持つくらいの力を持つのが夢だった。

海音は記事を見つける。海外ではデイヴィットの強引な開発が問題になっていた。パーティーでは環境への負荷を話した。

「本当に海のことを考えているなら、あんなこと言わないはずです。」

海中トンネルを作ることで潮の流れは変わる。生き物はいなくなってしまう。

「私のとって海は、人生をかけて背負っていかなければいけないモノです。」

デイヴィットは海中トンネルを作ることを条件に誘致を決めた。

見逃し動画配信サービス「恋はDeepに」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「恋はDeepに」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

動画は「恋はDeepに」2話感想

コメント