【特捜9 season4】3話ネタバレと感想!刑事として生きた大切な時間

特捜9 season4

村瀬は昔のことを思い出そうとしていた。しかし、スーツの中から見つかったイヤリングのことは分からなかった。

第3話、最高の日

「特捜9 season4」3話視聴率

「特捜9 season4」第3話が放送されました。気になる視聴率は、11.9%でした!

「特捜9 season4」3話あらすじ

ぶどうのイヤリング

村瀬は通勤途中の浅輪に会う。イヤリングを見せるが心当たりがなかった。そんな浅輪の未熟だった頃を思い出して懐かしく思った。

浅輪には係長とコンビを組んでいた。次々と事件を解決していく姿を見て、真っ直ぐな気持ちが化学反応を起こしたと感じた。

新藤には自信過剰なところがある。浅輪とコンビを組んでいた。

「浅輪を見て学べ。」

青柳は独りよがりで自分勝手、村瀬とは合わなかった。しかし、捜査能力が高いことは認めていた。矢沢もイヤリングを知らなかった。

矢沢は青柳とコンビを組んでいた。自分のこと後回しに考えている。頼れる存在だった。証拠品かもしれない、ふと思い出した。

加納には父親のような正義があった。その背中を見て刑事として育った。

刑事として生きた時間

宗方は定時で帰るような主任だった。亡くなった元刑事の子どもを引き取っていたことを後で知る。

国木田は過去を引きずっていた。捜査をしないと言いメンバーと温度差があった。ある事件をきっかけに近づいた。

「証拠品じゃない?」

村瀬には妹がいた。病院の屋上で、ぶどうを一緒に食べた。小さい頃に亡くなってしまう。その妹のためにも正義を貫こうとしていた。

「もしかして私のこと待ってた?」

小宮山とは言葉にできないくらい時間を重ねた。ずっと片方だけになったイヤリング、小宮山が探していたモノだった。

村瀬は小宮山と食事の約束をする。しかし、村瀬は何者かに刺されてしまう。

見逃し動画配信サービス「特捜9 season4」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「特捜9」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「特捜9 season4」3話感想

コメント