【おちょやん】63話ネタバレと感想!涙の再会は思い出したくない過去を呼ぶ

朝ドラ「おっちょやん」

千代は一平の母親を探すため京都に向かった。千之助は天海との約束を破ってしまった。

第63話、一平が母親に会う、思い出は美しく塗り替えられていた。

「おちょやん」63話視聴率

第13週「一人やあらへん」第63話が、3月3日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」63話あらすじ

母への想い

『カフェ キネマ』では、一平の母親探しが始まった。

「他に何かあらへんのか?どこぞにホクロがあるとか、つむじが2つあるとか。」

嵐山にある旅館の女将が似ている。やっと確かな情報を掴むことができた。

「あんたには、この水平線みたいに真っ直ぐで大きい人間になって欲しいって、一平ってつけたんやで。」

一平は母親と海を見たことを思い出す。

「許してくれるやろか?親父と同じ役者やってるって聞いたら、ガッカリするやろな。」

もう許してくれているかも知れない。千代とヨシヲがそうだった。

「千代、おおきに。」

翌日、千代と一平は嵐山に向かった。

捨てられた一平

旅館『夕凪』の女将・ゆうは、一平の母親だった。

「一平は、ずっとあなたのことを気にかけていたんです。」

千代は同じ役者仲間だと話した。

「役者?あんた役者になったんか?アホやなー。」

一平は頭を下げる。

「お母ちゃん、ホンマに堪忍。俺、あの時ホンマに何もできんかった。お母ちゃんのこと守れんかった。」

役者になったのは、父親を見返すためだった。

「あの人に追い出されたんとちゃうで。私が男作って勝手に家を出たんや。」

一平は思い出した。母が家を出た日、男と一緒にいた。ゆうは手切れ金を渡した。

「何でや、ホンマのお母ちゃんのくせに。何でや?」

千代はゆうを泣きながら、叩いてしまう。

「二度とこんといて、この疫病神。」

「どうか、お幸せに。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」63話感想

コメント