【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】5話ネタバレ!達成感の先に奈未が見た景色は

オー!マイ・ボス!恋は別冊で
鈴木奈未は、潤之助と待ち合わせをしていた。雨の中で待っていた潤之助にキスをする。 第5話、これって付き合ってるの!?

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」5話視聴率

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第5話が放送されました。気になる視聴率は、10.8%でした!

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」5話あらすじ

言葉にして欲しい

奈未ちゃん、好きだよ。潤之助はそう言って眠ってしまう。幼なじみを想い続けている。昔のこと?今は私が好き? 「その社内報、私やりたいです。」 麗子に認めてもらいたい、奈未は潤之助のためにも頑張ろうとしていた。『MIYAVI』の売上は落ちていた。宇賀神は廃刊の動きを見せていた。 中沢はヴァイオリニスト・蓮見理緒の対談企画を担当していた。ドレスを届けることになった。理緒と一緒に食事に行くことになった。 「潤之助さん、私言葉にしてちゃんと言って欲しいです。」 そこに麗子が来てしまう。隠れるがすぐに見つかってしまう。 「あなた自分が両立できるとでも?」 理緒のドレスがスタイリストに渡っていなかった。奈未の確認ミスだった。

幼なじみと再会

理緒のために用意されたドレスは、山村紅葉が着ていた。奈未は脱いでもらおうと交渉するが聞き入れてもらえない。そこへ麗子が来た。 「和泉がどうして評価されるか分かった?あなたみたいに片手間で仕事をしない。」 社内報がうまく作れない、知らないことを知りたいからページをめくる。奈未はアンケートを集う。地味な仕事だと感じていた。 「バカにするような仕事にこそ、仕事の本質があるんだよ。」 潤之助は、奈未のためにカニおにぎりとみそ汁を作ってくれた。充電、そういって抱きしめてくれた。 やっとできた社内報、麗子の評価は最悪だった。それでも全力を尽くした先に見えるモノが違った。奈未がホテルにいると潤之助が来る。 「何で理緒が?」 潤之助の一途に思いを寄せていた幼なじみは、理緒だった。

動画配信サービス「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」5話感想

コメント