【警視庁強行犯係・樋口顕】4話ネタバレと感想!やり直し夫婦を追い込む刑事の思い込み

警視庁強行犯係・樋口顕

公園で岡田宏の遺体が発見される。岡田は、投資コンサルタントの平野を殺し指名手配されていた。

第4話、海風。

「警視庁強行犯係・樋口顕」4話視聴率

「警視庁強行犯係・樋口顕」4話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「警視庁強行犯係・樋口顕」4話あらすじ

刑事の思い込み

神奈川県警の梶山は、平野の捜査のため遺留品を確認をする。岡田は1億円相当のイギリスの金貨を持っていた。

岡田は平野のセミナーを受けていた。『カイジ産業』に投資していることが分かった。樋口は岡田のラーメン店に向かう。そこには梶山が来ていた。

「私を疑うんですか?今度は私を。」

岡田の妻・深雪は疑われていた。岡田は宮城で震災にあっていた。2人でラーメン店を作り順調にい行っていた。近くにチェーン店ができ客足が減った。

「横浜の海を俺たちの海にするって一緒に決めたよな。もう一度、その場所で店を立て直すから。」

それが岡田の最後の言葉だった。氏家は梶山の息子を知っていた。20代でマルチ商法にはまり自己破産した。梶山の妻は家を出た。

ゴルフの後、平野はなぜ会社に戻ったのか?

金で失敗した男たち

平野の妻には若い愛人がいた。その愛人に貢いでいるウワサがあった。平野にも愛人がいる。お互いを干渉しない関係にあった。

レストランオーナー山代は、平野が殺された日にゴルフに行っていた。樋口は防犯カメラを確認する。

「岡田さんがあなたに電話した理由はこれですか?」

防犯カメラには、レストラン店長の長嶋杏子が写っていた。岡田の潜伏していたホテルには雑誌があった。そこには杏子が掲載されていた。

平野の愛人は長嶋だった。突然に別れ話をされる。手切れ金を1億に吊り上げると笑い飛ばされた。逆上した杏子はゴルフクラブで殴られてしまう。

「あなた知らなかったんだ。このコインに1億の価値があることを。」

事件当日、岡田は杏子に会ってしまう。そのことに気がついて呼び出すが殺害されてしまう。岡田を追い込んだ梶山は後悔した。

見逃し動画配信サービス「警視庁強行犯係・樋口顕」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「警視庁強行犯係・樋口顕」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「警視庁強行犯係・樋口顕」4話感想

コメント