【警視庁強行犯係・樋口顕】最終話ネタバレと感想!過去の罪と裏切りのインサイダー取引

警視庁強行犯係・樋口顕

投資ファンド社長・相沢和史の刺殺体が発見される。その近くにはミカンが見つかった。

最終話、焦眉。

「警視庁強行犯係・樋口顕」最終話視聴率

「警視庁強行犯係・樋口顕」最終話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

「警視庁強行犯係・樋口顕」最終話あらすじ

政治家の献金疑惑

相沢は衆議院議員・秋葉康一と連絡を取っていた。『四つ葉ファンド』に向かうと脅迫状が送られていた。損失を出した投資家から恨みが感じられる。

犯行現場で見つかったミカンには、レザーオイルがついていた。

樋口は田端警視正に呼ばれる。捜査二課・柴原、東京地検の灰谷と荒木がいた。地検は秋葉には選挙違反の疑いがあった。

「秋葉さんが言っていた通りだ。検察と警察は信用できない。」

灰谷は秘書の亀田を呼んだ。犯人扱いされたことに秋葉が乗り込んでくる。樋口は秋葉がよく行く店に向かう。

投資家・岩井は四つ葉ファンドで1千万の損失を出していた。同居人・杉野が富樫を脅して逮捕される。

相沢はニワサツキに200万円を振り込んでいる。そして、フリー記者・長部雄大にも100万円を振り込んでいた。秋葉に接触した夜、長部は殺害される。

第一発見者・東洋新聞の遠藤は包帯を巻いた男とすれ違った。亀田が警察に呼ばれる。樋口は何かを隠していると確信した。

インサイダー取引

検察は亀田の逮捕状を発行した。捜査二課は、常軌を逸した行動を監視するために配属されていた。灰谷は誰かの指示で動いていた。

丹羽五月の息子は相沢の後輩だった。女性の暴行事件に巻き込まれ死亡していた。相手の男は国会議員の息子だった。

「目的は、あなたを失脚させること。裏で与党が絡んでいると思います。」

灰谷は与党・上村と繋がっていた。長部はUSBを隠していた。そこには蓮見と石野の姿があった。石野はスーパードリームナットの開発責任者だった。

「何がいけないの?私の功績を独占して、追い出したのはあいつらでしょ。だから情報流したのよ。」

蓮見と石野はインサイダー取引で逮捕される。富樫はレザー手袋をしていた。犯行のあった夜、蛍光灯が切れていることを知っていた。

相沢はインサイダー取引を告白としようとした。富樫はそれを止めるため殺害した。秋葉は15年前の自分の罪を公にした。

見逃し動画配信サービス「警視庁強行犯係・樋口顕」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「警視庁強行犯係・樋口顕」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信しています!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「警視庁強行犯係・樋口顕」最終話感想

コメント