【俺の家の話】3話ネタバレと感想!寿一がレスラー復帰する介護とプロレス両立

俺の家の話
寿一は、さくらに借金を返すためにリングに立つ。家を留守にしている時に寿三郎が倒れてしまう。 第3話、親バレ厳禁!! 覆面レスラーでリング復帰

「俺の家の話」3話視聴率

「俺の家の話」第3話が放送されました。気になる視聴率は、8.9%でした発表され次第報告します!

「俺の家の話」3話あらすじ

介護にまさかはない

「介護にまさかはないんです。予期せぬことが起こるんです。」 寿一は、さくらにお金を返す。その封筒には血がついていた。舞はシルバーカーを買おうとしていた。3日後、寿三郎が退院した。 「使わないよそんな爺くさいの。そんなの使ったら街中の笑い者だよ。」 寿三郎はエンディングノートを作っていた。寿一は『さいたまプロレス』に戻ることになってしまう。スーパー世阿弥マシーンとして復活した。 「体幹だよ体幹。体幹さえ鍛えて入れば、いざという時に何とかなるんだよ。」 寿一は、寿三郎の声を思い出す。静と動をうまく使って評判になった。そのファイトマネーで家族旅行のための資金を貯める。 寿三郎は、さくらのために遺言状を残していた。婚約者のふりをして欲しい。寿一はお願いした。さくらは月に3万円で契約した。

風呂敷のたたみ方

さくらの母親は男運がなかった。多額の借金を抱えてしまう。ニートのDV、売れないバンドマンなど男を見る目がなかった。さくらの兄は家を出てしまう。 「母は私に500円玉を渡したんです。怖くて使えなかった。」 小学校の時に誕生日会に呼ばれる。500円玉を貯金していたらなくなっていた。さくらの金銭感覚は研ぎ澄まされて行った。 「無理しなきゃさ、二度と舞台に立てねぇだろう。じゃあ、人間国宝笑われてに行って来ます。」 寿三郎は、死に方が分からないと悩んでいた。自分勝手に生きて広げた風呂敷のたたみ方が分からない。 「自分でたたまなくていいんじゃない。そのために寿一さんが戻って来てくれたんだから。」 さくらと一緒にプロレスを見ることになった。寿一は試合を終わらせて、急いで家に戻る。風呂では世阿弥マシーンを褒めてくれた。

動画配信サービス「俺の家の話」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「俺の家の話」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「俺の家の話」3話感想

コメント