【俺の家の話】5話ネタバレと感想!寿限無の反抗期とみんなで家族旅行

俺の家の話
寿限無は、寿三郎の本当の子どもだった。それを知った寿限無は遅めの反抗期を迎えていた。 第5話、恋と反抗期が渋滞!? 目指せ!家族旅行!

「俺の家の話」5話視聴率

「俺の家の話」第5話が放送されました。気になる視聴率は、9.7%でした!

「俺の家の話」5話あらすじ

寿限無の反抗期

寿一は家族旅行を計画する。一度だけハワイに行った家族写真が残っていた。大洲は舞台に穴を開けたことを寿三郎に怒られる。 「だから俺たちこんなに笑ってんだ。」 母親は一緒に行っていないと寿一は思い込んでいた。寿限無の反抗を続いていた。寿一はリングに連れて行く。 「ずっと待ってたんだぞ寿一ちゃん。俺は血縁じゃないからってずっと思ってたのに。俺でも良かったんじゃないか。」 寿一が家出をしなければ寿限無が養子になることはなかった。他の生き方もあったはず。寿限無は自分が後を継ぐことを決めた。 「みんなと同じ食事はできない、大きな風呂には入れない。つまんない。」 寿三郎は病人扱いされるのがイヤだった。

寿三郎の会いたい人

さくらは寿一に告白した。俺が好きなのか?世阿弥マシーンが好きなのか?さくらのことを踊介が気になっていた。 「こんな風に笑えるか確かめたくねーか?認知症とか相続とか、隠し子とかさいろいろあった俺たちが確かめたくねーか?」 血圧130以下・体重85㎏以下・空腹時の血糖値140以下で旅行のOKが出た。 「会いたい人がいるんだ。」 寿三郎は全てを捨てて一人の女性として生きようとした。その直後に人間国宝に選ばれてしまう。捨てることはできなかった。会って謝りたいと思っていた。 観山家は家族旅行に出かける。さくらは留守番をすることになった。寿三郎は、も1人会いたい人がいると言い出す。イタリア公演のときの通訳の女だった。

動画配信サービス「俺の家の話」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「俺の家の話」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「俺の家の話」5話感想

コメント