【俺の家の話】6話ネタバレと感想!最低で最高の家族旅行みんなでステージに

俺の家の話
寿一は、25年ぶりの家族旅行に向かう。寿三郎は、かつて好きになった人に会いたいと言い出す。 第6話、最低で最高の家族旅行!! 涙の記念写真!!

「俺の家の話」6話視聴率

「俺の家の話」第6話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした!

「俺の家の話」6話あらすじ

素直になれない親子

さくらは誰もいない稽古場で寿一を想っていた。寿三郎は昔出会った女性たちに会っては贈りものをする。 『ハワイアンズ』に何とか着くことができた。寿三郎が再婚を考えた女性・まゆみのところに向かう。そこで潤沢のたかしに出会う。 「病気なんです。お祖父ちゃん、もうすぐ死んじゃうの。だから優しくして。」 そこで潤沢のたかしに出会う。スーパー銭湯を回るキャンペーンをしていた。たかしはブリザードを覚えていた。 「来るんじゃなかったは、こっちの方だよ。ずっとみんなガマンしてんだよ。」 寿一が100円玉を落としたことに寿三郎が文句を言う。たった少しのことをガマンできないことに寿一がキレてしまう。外に飛び出すと、さくらが待っていた。 「誕生日なんです。抱っこして下さい。」

秘すれば花

踊介は、さくらにメールを送るが返信はなかった。 「顔見れたんで、帰ります。じゅじゅによろしく。」 翌日、潤沢のたかしが舞台に立った。寿一は、舞台の飛び入り参加をすることになっていた。謝るために楽屋に向かう。 「ちょうどいいのがいるね3人、よし着替えて。」 寿一・寿限無・踊介は、他のメンバーの代わりに舞台に出ることになった。その頃、寿三郎はまゆみに会っていた。 「なんで素直にありがとうって言えねえんだろうか。」 『秘すれば花』を唄い出す。その姿を舞台の近くで寿三郎が見ていた。寿一は、寿三郎の歌を紹介した。舞台の上で家族みんなの写真を撮る。

動画配信サービス「俺の家の話」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「俺の家の話」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「俺の家の話」6話感想

コメント