【24JAPAN】20話ネタバレと感想!獅童を驚愕させた受刑者とは

24JAPAN

獅童はテロリストが電力を落とそうとする場所を見つけた。7時20分に何かが起ころ。その場所で待つことにする。

第20話、御殿場の施設は受刑者を隔離させる場所。獅童を驚愕させた受刑者。

「24JAPAN」20話視聴率

「24JAPAN」第20話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「24JAPAN」20話あらすじ

御殿場の施設

六花は記憶を取り戻していた。美有をのせた車が落ちたことを思い出した。

「車が落ちて、あの子が中にいて。」

美有は裏取引に巻き込まれてしまった。警察の取り調べを受けることになった。

「俺も正直に話すよ。自分でやったことの責任はとるから。」

獅童は扉を見つけて入り込む。施設長・岩片に捕まってしまう。

「今朝、朝倉麗党首への暗殺未遂事件があった。調べているうちに、ここまでたどり着いた。」

夜7時20分には、ある受刑者が輸送されてくる予定だった。獅童は施設の職員に武装させて受刑者を中に入れた。受刑者と話をするため麗に連絡をする。

ビクターは生きていた

獅童は配線を辿るとモニターがある部屋を見つける。そこには、ビクター林の姿があった。

「7年前に俺が殺した男だ。」

夜のとばり作戦で死んだはずの男が生きていた。息子たちは父親を救出しようとしていた。その頃、麗と夫・遼平は話し合っていた。

「君は僕なしでは、その会見に立つことはできなかった。」

獅童はビクターと話をすることになった。爆発は事故だった。ビクターの妻子がいたことも獅童は知らなかった。

ビクターは他の施設に移送されることになる。その時、変電所の爆発事故が起こった。テロリストは内部に侵入した。

見逃し動画配信サービ「24JAPAN」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「24JAPAN」は、動画配信サービスAbemaTVで配信しています!
・AbemaTVでは、初回登録なら2週間無料でお試しできます。
・プレミアム限定の作品が見放題になります!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「24JAPAN」20話感想

コメント