【俺の家の話】7話ネタバレと感想!僕のお父さんはカッコいい

俺の家の話
観山家は、家族旅行に出かけた。いろいろあったが、帰りの車の中では大合唱するほどになっていた。 第7話、世界一かっこいい! ぼくのお父さん

「俺の家の話」7話視聴率

「俺の家の話」第7話が放送されました。気になる視聴率は、9.3%でした!

「俺の家の話」7話あらすじ

おもてが盗まれる

さくらは寿一に告白した。その返事を待っていた。寿一の家には、プリティ原が体幹を鍛えるために来ていた。 寿一は秀生の親権をとるため話し合うことになっていた。ユカは、2年半前に離婚を切り出した。寿一は家庭を顧みない自分のせいだと思っていた。 「現在は親の介護をしながら能楽師を目指しています。」 今の寿一には収入がない。ユカが寿一と別れたのはアメリカから戻ったせいだった。ユカは怒って秀生の能をやめさせると言い出す。 おもてが見当たらない、寿三郎は自分がプレゼントしたことを覚えていなかった。認知症による症状だった。 寿三郎が検査入院することになる。家の中を調べる。おもての他にもなくなっているモノがたくさんあった。

寿一の秀生への想い

秀生がプロレスをしたいと言ったとき寿一は反対した。寿三郎と同じことをしそうで不安だった。さみしくて辛くて切なかった。 「人を幸せにする自信がないんです。また自覚もなく大切な人を不幸にしてしまう。だから、さくらさんの気持ちには答えられません。」 その真っ直ぐな言葉で、さくらは今以上に好きになってしまう。 寿一は物音を感じる。家には泥棒が入っていた。その男は能の体験にきた外国人だった。寿三郎は要介護2と診断された。 「せめて親父が死ぬまで、稽古をさせてやってほしい。」 寿三郎は秀生に会いたがっている。寿一はユカに頭を下げる。秀生は2つの作文を書いていた。久しぶりに観山家に行くことになった。 何だかんだいって、僕のお父さんはカッコいいと思います。秀生の作文に寿一は泣いてしまう。

動画配信サービス「俺の家の話」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「俺の家の話」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「俺の家の話」7話感想

コメント