【俺の家の話】4話ネタバレ感想!エンディングノートの寿限無のおとしまえ

俺の家の話
寿一は、エンディングノートに書いてある寿限無のおとしまえの意味が分からなかった。 第4話、家族全員大ショック くそジジイの告白

「俺の家の話」4話視聴率

「俺の家の話」第4話が放送されました。気になる視聴率は、8.2%でした!

「俺の家の話」4話あらすじ

寿限無のおとしまえ

寿限無のおとしまえ、本人に聞いても分からなかった。寿三郎は、さくらと恋人のフリをしている。そのことを知っていた。 大洲と秀生はイベントで能をすることになった。寿一は、プロレスで鐘後見をすることになってしまう。いつかバレるのではと感じていた。 「何か昔の自分を見ているようで辛いは。」 寿一は、寿限無の方がうまくて辛かった。それでプロレスに逃げてしまった。ユカは寿一に恋人を紹介する。 「さくらちゃん、大丈夫?あっ、バッテリーだ。」 そこへスーパー世阿弥マシーンが助けに来る。さくらは世阿弥のことを寿一に聞こうとする。寿一は答えることができない。 大洲は能から逃げたいと思っていた。母親に勧められるから続けている。他の世界に目を向けていた。

寿一と秀生の親子の舞

寿三郎は、寿限無の母親・栄枝を呼んでいた。観山家でお手伝いをしていた頃に2人きりになることがあった。 「ようするに若い女中に手を出して妊娠させたんだって。」 寿限無は寿一の弟だった。小学校1年から一緒に稽古をしていた。 「あいつだけなんだよ、俺が帰って来たときおかえりって言ってくれたの。」 寿限無は観山家を支えるために尽くしてきた。その真実を今はなすしかなかった。寿三郎は認知症、いつか寿限無のことも分からなくなる日が来る。 さくらは寿一のタンスから衣装を見つけてしまう。能の舞台の日、大洲は逃げ出した。寿一が秀生と舞うことになった。ユカは客席で泣いてしまう。 寿限無は鐘の向こう側で泣いていた。寿三郎に反抗的な態度を始めてとった。

動画配信サービス「俺の家の話」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「俺の家の話」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「俺の家の話」4話感想

コメント