【TOKYO MER】8話ネタバレと感想!強い絆が生まれた喜多見の過去の事件

TOKYO MER~走る緊急救命室~

喜多見は公安から事情を聞かれる。テロ組織・LP9との関与を疑われた。

第8話、暴かれた禁断の過去!仲間との絆に、終焉

「TOKYO MER」8話視聴率

「TOKYO MER」第8話が放送されました。気になる視聴率は、14.5%でした!

「TOKYO MER」8話あらすじ

八王子にある『野沢病院』が停電になる。予備電源が不足しそうが事態にMERが出動する。

「喜多見チーフは、テロ組織と関係あるのではありませんか?空白の1年間に逮捕されていたのでは?」

赤塚の指示で喜多見は何も言えなかった。音羽は指示に従わないと決めた。土砂崩れで非常電源が使えなくなる。

オペ室の電源が落ちる。喜多見はMERにてオペを始める。屋外にある発電機が故障してしまう。

土砂崩れで病院は危険な状態になる。予備電源は残り少なかった。喜多見は発電機の復旧に向かった。

「ツバキさんという患者を助けました。政府の人間がやってきて、俺はウソをつきました。」

テロを庇ったと逮捕される。赤塚の助けがあり出ることができた。今でもテロの仲間と疑われていた。

発電機は復旧したが、その直後に喜多見は感電してしまう。音羽は心マを始める。

「ふざけんなよ、ふざけんなよ。勝手に引っ張り込んで、これで終わりかよ。戻って来いよ。」

喜多見が息を始めた。いつか世の中をよくする、音羽は喜多見の事件を入院とウソの報告をした。

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」8話感想

コメント