【TOKYO MER】10話ネタバレと感想!誰よりも守りたかった喜多見の最愛の人

TOKYO MER~走る緊急救命室~

喜多見の妹・涼香は、音羽を救うため過去の話をしてしまう。喜多見のテロ組織への関与はMERを追い詰めた。

第10話、最終章前編 ついに死者が?誰よりも守りたい人

「TOKYO MER」10話視聴率

「TOKYO MER」第10話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「TOKYO MER」10話あらすじ

医科大学で爆発予告がされる。喜多見と音羽は救助のため駆けつける。大学講師と生徒がケガをした。

「その医科大学は天沼によって設立された。理事長との裏金があったことを文書でホームページに載せて下さい。」

エリオット・椿は、11名を人質にして脅迫した。大学の中には椿とつながっている人物がいた。

学生たちはSNSを見て喜多見をテロと疑う。喜多見は薬品庫に閉じ込められてしまう。椿は涼香に近づいていた。

「くだらないウワサに振り回されてないで、あの人が何をするのかその目で確かめろ。」

1人の学生が喜多見を開放する。17時まであと少し、喜多見は想いの全てを伝える。

「俺たちは非難をされてもいい。でも、命を助けることには手を貸して欲しい。」

MERは喜多見たちを待っていた。涼香は椿から水筒を預かっていた。投げ捨てた瞬間に爆発した。

「涼香もどってこい、涼香ずっと一緒だったろ。頼むよ、兄ちゃん涼香いないと何もできないって…。」

涼香の心臓が動くことはなかった。俺を殺したことを後悔させてやる。椿は約束を守った。

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」10話感想

コメント