【ボクの殺意が恋をした】9話ネタバレと感想!柊が指名手配に傷つけあう2人の行方は

ボクの殺意が恋をした

柊が鳴宮美月殺害未遂の疑いで指名手配された。そのことを知った葵は動揺する。詩織の策略だと思われた。

第9話、最終章!すれ違う心 誰が味方で敵なのか

見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「ボクの殺意が恋をした」9話視聴率

「ボクの殺意が恋をした」第9話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「ボクの殺意が恋をした」9話あらすじ

詩織はSOSを使って、柊たちを皆殺しにする可能性が高い。丈一郎はマスコミに全てを公表すると決めた。

「詩織さんが俺たちに向けて来た顔が全部ウソだと思えないんだ。」

兄を失った葵には、柊の気持ちが分からなかった。丈一郎は莉奈の父・藤堂を助けたことがある。

「そんなに簡単に気持ちを切り替えられるんですか?」

莉奈は柊を心配した。そして、会見の日に莉奈は丈一郎を墓参りに誘った。

「こんな形でも柊くんにもう一度会えたことは、本当に嬉しかった。」

2人は一緒にいることで苦しむことになる。葵は、もう感じていた。葵と柊は倉庫に向かった。

「初めまして、私が鳴宮美月です。」

会見では全てを話そうとする。ところが、葵と柊が拘束されて丈一郎が脅迫される。会見は中止された。

見逃し動画配信サービス「ボクの殺意が恋をした」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ボクの殺意が恋をした」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ボクの殺意が恋をした」9話感想

コメント