【ボクの殺意が恋をした】7話ネタバレと感想!美月の正体と復讐の連鎖を止めろ

ボクの殺意が恋をした

本物の鳴宮美月は千景だった。千景は、恋人の武尊をSOSに殺害されていた。その武尊は葵の兄だった。

第7話、殺意と恋の四角関係!?ついに真相発覚!

見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「ボクの殺意が恋をした」7話視聴率

「ボクの殺意が恋をした」第7話が放送されました。気になる視聴率は、5.0%でした!

「ボクの殺意が恋をした」7話あらすじ

葵は兄の復讐のため計画に加わった。自分の意思で丈一郎を殺していた。詩織は新しい殺し屋を派遣すると決める。

「その辛さも私には分かるの、でも何もしてあげられない。」

恭子のオペの日、千景は流星に助けを求めた。そんな時、柊は警察に呼ばれる。莉奈がこけしを売ろうとしていた。

「柊くんの居場所を作っておいてあげたかったんだと思います。」

流星が柊のところに来る。丈一郎を殺した葵を許せない、柊の言葉を葵は聞いていた。

「どうして葵ちゃんなんだろう、一番好きな人を…。」

千景は詩織を待ち伏せする。丈一郎を殺したのは詩織、自分の不正を隠すために柊を利用していた。

葵は自分が殺したとウソをついた。母親のことで詩織に脅されていた。柊は詩織に騙され廃工場に向かう。

詩織の前には殺されたはずの丈一郎が現れた。葵は柊を庇って撃たれてしまう。

見逃し動画配信サービス「ボクの殺意が恋をした」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ボクの殺意が恋をした」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ボクの殺意が恋をした」7話感想

コメント