【ボクの殺意が恋をした】8話ネタバレと感想!生きていた丈一郎と柊の最高コンビ

ボクの殺意が恋をした

葵は柊を庇って撃たれてしまう。病院へ運ばれるが危険な状態だった。柊は流星に責められた。

第8話、最強コンビ結成で逆襲開始!明かされる秘密

見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「ボクの殺意が恋をした」8話視聴率

「ボクの殺意が恋をした」第8話が放送されました。気になる視聴率は、5.9%でした!

「ボクの殺意が恋をした」8話あらすじ

柊が自宅に戻ると千景と丈一郎が待っていた。死んだはずの丈一郎が現れて、柊は混乱する。

「俺は殺されたことにしたんだ。俺を撃った相手を油断させるためにな。」

3年前、千景の恋人は詩織に殺されてしまう。丈一郎を撃ったのも詩織だった。SOSを利用していた。

「きっとデータは、あの万年筆の中に…。」

3人の会話は盗聴されていた。警察は美月の荷物を押収してしまう。柊は葵の部屋に向かった。

「葵ちゃん、ずっと苦しかっただろうな。俺に本当のことが言えなくて。」

大切な人を殺そうとしたことを後悔していた。丈一郎は、詩織が柊を狙ったことが信じられなかった。

柊と丈一郎は、葵の病院に向かった。詩織は莉奈を脅して殺害の指示を出していた。しかし、殺すことはできない。

見逃し動画配信サービス「ボクの殺意が恋をした」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ボクの殺意が恋をした」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ボクの殺意が恋をした」8話感想

コメント