【ボクの殺意が恋をした】5話ネタバレと感想!葵のウソと暴かれた真実

ボクの殺意が恋をした

葵は鳴宮美月のフリをしていた。柊は本物の美月に会うため千景を呼び出した。

第5話、秘密編開幕!本当の黒幕は一体誰なのか!?

見逃した方はこちらから⇨「Hulu

「ボクの殺意が恋をした」5話視聴率

「ボクの殺意が恋をした」第5話が放送されました。気になる視聴率は、4.7%でした!

「ボクの殺意が恋をした」5話あらすじ

葵は置手紙を残してマンガ家をやめてしまう。柊のことは出会った時から気が付いていた。

「彼女に人を殺せるなんて、どうしても信じられないんだ。」

柊は丈一郎を殺した犯人を探ることを決めた。翌日、葵を元気づけるため水族館に誘った。

「あの時、丈さんの優しさに救われたんだよね。恩返ししようと決めたのに…。」

柊と葵は何者かにつけられていた。それは、編集者の風岡だった。葵はマンガ家に戻ることを決める。

葵は両親が離婚していた。3年前、兄が亡くなっていた。家族がいない苦しみを誰よりも分かった。

記者会見の日、流星が降板してしまう。仕掛けられたオモチャからは別れのメッセージがあった。

葵が何者かに連れ去られた。詩織が雇った殺し屋だった。丈一郎を殺したのは葵、鑑定結果が真実を示した。

見逃し動画配信サービス「ボクの殺意が恋をした」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ボクの殺意が恋をした」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ボクの殺意が恋をした」5話感想

コメント