【TOKYO MER】6話ネタバレと感想!親子の絆を救ったメンバーの支え

TOKYO MER~走る緊急救命室~
奥多摩で小学生18人が失踪する事件が発生する。TOKYO MERは現場に向かい、子どもたちの捜索を始める。 第6話、小学生が山で謎の大量失踪!親子の絆を救え

「TOKYO MER」6話視聴率

「TOKYO MER」第6話が放送されました。気になる視聴率は、8.4%でした!

「TOKYO MER」6話あらすじ

子どもたちが山道から外れた理由

喜多見はMERメンバーを分散する決断をする。3チームに分かれて、子どもたちを捜索する。 「この場で胸腔ドレナージュのオペを行います。」 意識不明の子どもが発見される。弦巻は緊急オペを行った。喜多見は11人の子どもの治療を開始する。 ショック状態の子どもが意識を失う。点滴が不足してしまう。そこへ、徳丸のドローンが点滴を運んだ。 子どもたちが山道を外れたのは、スズメバチが原因だった。ミンも刺されてしまう。 残り5名の不明リストには、冬木壮太がいた。麻酔科医・冬木の息子だった。

目の前の消えそうな命を救え!

冬木は家族と別居していた。『TOKYO MER』の副チーフをしている。子どもにウソをついた。 「冬木さんの息子さん・壮太くんは、ハチ毒アレルギーがあります。」 音羽は4人の子どもを発見する。壮太は骨折した子どものため添え木を探しに向かった。 「ボクみんなを助けようとしたんだ、パパみたいに。」 冬木は壮太を抱きかかえたまま転落してしまう。喜多見が発見するが壮太は頭を打ち重症だった。 MERでは緊急オペが行われる。メンバーが助けに入って壮太は一命を取りとめた。 「いつも冬木先生が気を配ってくれるから、俺たちは目の前のオペに集中できるんです。」

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」6話感想

コメント