【TOKYO MER】5話ネタバレと感想!エレベーター内の妊婦を救え緊急オペ

TOKYO MER~走る緊急救命室~
喜多見の妹・涼香が妊婦とエレベーターに閉じ込められる。音羽と政治家・天沼も一緒に乗り合わせていた。 第5話、エレベーター火災!決死のオペで閉じ込められた妊婦を救え!

「TOKYO MER」5話視聴率

「TOKYO MER」第5話が放送されました。気になる視聴率は、10.8%でした!

「TOKYO MER」5話あらすじ

天沼には政治献金の疑惑があった。雲隠れするため病院に入院していた。エレベーターで移動中に急停止した。 音羽はMERに出動要請をする。喜多見が妹を救うため過剰な反応をした。MERを潰すためのネタにしようとした。 地下室では火災が怒ってしまう。一酸化炭素中毒で危険な状態になる。レスキュー隊は酸素吸入器を届ける。 「助けて、助けて。お願い、赤ちゃんだけは助けて。」 立花綾乃は破水してしまう。涼香は防犯カメラを使ってメッセージを送った。臍帯脱出、喜多見が救助に向かう。 「天沼先生の救助は後回しにして下さい。今すぐオペが必要です。」 エレベーター内で帝王切開が行われる。喜多見は天沼に協力してもらう。赤ちゃんは呼吸をしていなかった。 「頼む、頼む。頑張れ、頼む。」 エレベーターのドアが開き救助が来る。音羽の心マと願いが心臓を動かした。2人の命を助けることができた。

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」5話感想

コメント