【TOKYO MER】9話ネタバレと感想!大使館で事故が法律の壁が喜多見に迫る

TOKYO MER~走る緊急救命室~
都知事・赤塚は持病で倒れてしまう。赤塚の心臓は、もってあと3ヵ月だった。 第9話、大使館で事故!突入すれば国際問題 究極の選択

「TOKYO MER」9話視聴率

「TOKYO MER」第9話が放送されました。気になる視聴率は、15.0%でした!

「TOKYO MER」9話あらすじ

外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生する。大使館内は各国の領土、許可なく立ち入ることはできない。MERは法律の壁にぶつかる。 「敷地内に入って、いつも通り最善を尽くして下さい。」 赤塚はベッドの上から支持を出した。あとは、駒場に託された。地下駐車場には3名の作業員を発見した。 千住は、男性を発見する。車が爆発炎上して二酸化炭素が漏れる。喜多見と2人で閉じ込められてしまう。 喜多見は車の中でオペを行う。音羽が救助に向かおうとするが白金大臣に反対される。 千住は扉を自力であげる。喜多見は患者を抱きかかえ、息を止めて走り抜けた。千住は意識を失う。 「千住さん、あなたこんなとこでくたばれるタマじゃないでしょ。戻って下さい。」 喜多見の懸命な心マは、千住の心臓を動かした。2人が助けた男性は、パルナ共和国の大使だった。

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」9話感想

コメント