【TOKYO MER】7話ネタバレと感想!政府を脅迫した神経ガスを使ったテロ

TOKYO MER~走る緊急救命室~
外国人労働者が原因不明の症状を訴える。MERの出動命令が出て、喜多見たちは現場に向かう。 第7話、新たな敵は警察、追い込まれた弱者を救え!

「TOKYO MER」7話視聴率

「TOKYO MER」第7話が放送されました。気になる視聴率は、15.0%でした!

「TOKYO MER」7話あらすじ

現場で爆発事故が起こった。公安刑事・月島しずかは患者の身柄を拘束する。月島は喜多見を知っていた。 地下には16人の労働者がいることが分かった。ガスを吸って体調を崩していた。 「奴は2週間前、テロ組織LP9と接触している。奴は日本医科大の清掃員だ。薬品保管庫にも入ることができる。」 神経ガスに必要な材料が置かれていた。赤塚は16名の救出許可を出した。指揮系統はMERに移った。 政府にはテロリストから爆破予告がされていた。撤退命令が出る中で、喜多見は最後の1人を発見する。 「喜多見チーフは?まだ中に…。」 喜多見は残り時間1分で患者を運び出す。しかし、爆発は起こらなかった。何が狙いだったのか? 「ツバキは会いに来たんだよ、喜多見幸太に。」 月島は爆発現場の映像からツバキを発見する。喜多見には謎のメールが届いていた。

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」7話感想

コメント