【TOKYO MER】最終話ネタバレと感想!悲しみを乗り越えて命を救え

TOKYO MER~走る緊急救命室~
喜多見の妹・涼香は、爆発事故に巻き込まれて命を落とした。 最終話、伝説に消えた勇者たち、MER最後の戦い

「TOKYO MER」最終話話視聴率

「TOKYO MER」最終話が放送されました。気になる視聴率は、19.5%でした!

「TOKYO MER」最終話あらすじ

危険を冒して誰かを助けることは間違っている。喜多見は涼香を救えなかったことで失意の中にいた。 MERの審議会の日、エリオット・椿が爆発事故を起こす。最後の仕事になるかも知れない、MERは出動した。 「今の日本に必要なのは、誰かのために全力で頑張ることができる彼らのような存在です。」 MERは存続させるべきだ。音羽は爆発現場に向かう。厚生労働大臣・白金は赤塚に代わってMERに指示を出す。 「怖いんだ、涼香は俺のせいで死んだんだ。」 千晶はイヤホンを渡す。命を助けるために世界中を飛び回った、涼香の死は悲しくても乗り越えるしかない。 新たな爆発事故が起こる。ガスが充満する中で救助に向かう。音羽は意識を失いそうになる。そこに喜多見が来る。 「みなさん、医師の喜多見と言います。重症の患者さんから順番に搬送しますね。」 椿は喜多見の大切なものを狙っている。警察はMERにいる椿に銃口を向け2発撃つ。喜多見は撃たれた椿を助ける。 「目の前にいる患者をみすてたら、俺は医者ではいられなくなる。」

動画配信サービス「TOKYO MER」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「TOKYO MER」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。 ・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。 *無料サービス中に解約すると料金の発生はありません! 「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「TOKYO MER」10話感想

コメント