【おかえりモネ】56話ネタバレと感想!東北に今までにない台風が百音の心配

朝ドラ「おかえりモネ」

東北の太平洋側から台風が近づいていた。今までにない被害が出る可能性が高かった。

第56話、気仙沼に向かう台風と熱中症の危険。

「おかえりモネ」56話視聴率

第12週「あなたのおかげで」第56話が8月1日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」56話あらすじ

百音は、気仙沼にいる家族に連絡をする。

「台風が来るよ方見た?牡蠣小屋とかシャッター下ろしても、持ってかれるかも知れない。」

作業場は倒壊する危険性がある。船は西側に着けた方がいい。これまでにない台風に注意が必要だった。

「姉と妹って、ああなのかもね。モネが少し立ち止まったときあったでしょ、あの時未知は自分が頑張ろうって。」

未知と百音は、お互いを影響しあう関係にあった。未知は少し元気がない。

銭湯では、菜津の祖父が倒れてしまう。コインランドリーにいた菅波に来てもらう。

「オリンピックをずっと見ていたそうです。」

熱中症になった可能性が高い。そんな2人を見て、明日美は感じるモノがあった。百音は菅波に感謝していた。

「先生のお陰で助かりました。」

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」56話感想

コメント