【おかえりモネ】89話ネタバレと感想!誰かに危険が迫る小川の危険サイン

朝ドラ「おかえりモネ」

9月15日台風12号は、伊豆半島に到着していた。気象班が伝えるのは、これから起きる被害を防ぐことだった。

第89話、番場川の氾濫か?枯れかけた小川に水が流れる危険のサイン。

「おかえりモネ」89話視聴率

第18週「伝えたい守りたい」第89話が9月16日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」89話あらすじ

台風12号は、関東を直撃するが大きな被害は出なかった。その後、気象庁は大雨特別警報は解除する。

気象班は連続の勤務をしていた。百音は亜哉子に連絡をする。

「お母さんこそ大丈夫なの、民宿のこと。お父さんに反対されているとか。」

亜哉子は島に橋がかかったことで新しい風を感じていた。

「島が変わろうとしてるなら、私も今何かできること島のためにしたいなーって。そう思ったのよ。」

亜哉子は義母・雅代に憧れていた。龍己は民宿の話を聞いて、好きなようにしていいと言ってくれた。

長野県の視聴者から連絡が入った。裏の枯れかかった小川に水が流れている。ふもとの番場川が危ない。

朝岡が危険を見抜いて高村に連絡をする。誰かに危険が迫っている可能性があった。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」89話感想

コメント