【おかえりモネ】63話ネタバレと感想!鮫島の強みを生かす百音の言葉

朝ドラ「おかえりモネ」

百音は鮫島の練習データをとっていた。鮫島は、記録が伸びないことに悩んでいた。

第63話、百音は鮫島の過去データを探る

「おかえりモネ」63話視聴率

第13週「風を切って進め」第62話が8月11日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「おかえりモネ」63話あらすじ

「おもろないねん。私な、みんなが向かい風にビビってるときに、バーッて一気に抜け出すねん。」

風に強いランナーと呼ばれていた。あの風の感覚が忘れられない。百音は鮫島の過去のデータを見る。

鮫島さんは風の強い日に勝ってる。思うようにタイムが伸びなかったら鮫島の感覚で走る提案をした。

「感覚?あんた今さら何言うてんの?感覚だけを頼りにやって来たから、勝てなくなったんや。」

数字によるデータと天気を味方につける。今までのやり方を変えようとしていた。

「あと一歩タイムが伸びないのは、鮫島さんの走る感覚が大事にされてないから。」

菅波が話を聞いていた。鮫島が譲らない人でよかった。百音に恩義を感じ従って負けたら、2人も行き場を失う。

「面白くないって言ったんです。レースを楽しむタイプなんだと思います。土壇場で力を発揮する。」

過去のデータ・科学的根拠も大事、でもその先は本人の楽しむ気持ちが勝敗を分ける。プランBを考える。

見逃し動画配信サービス「おかえりモネ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おかえりモネ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おかえりモネ」63話感想

コメント